塾講師と生徒が、1対1、もしくは1対2など、マンツーマンに近いスタイルで指導する、「個別授業」型の授業形態も人気です。
いわば「家でない場所で家庭教師をする」スタイルですね。

では、両者の年収はどう違うのでしょうか?

1対1の中学受験の塾の場合、アルバイトとしての時給は1500円くらいが一般的なようです。
そう考えると、年収は250万程度にとどまってしまうでしょう。

しかし塾講師と同様、指導する中味次第で、跳ね上がります。
中学受験でも医学部や難関国公立大学の合格率が高い中学志望の生徒を指導している人の中には、1対1でも月収100万近く受け取っている人もいるそうです。
そうなると年収は1000万を超えます。
もちろん転職する際の先生のスキル(学歴、指導歴)が必要ですが、かなりバブリーな年収も期待できます。

アルバイト単価で考えてみると、集団指導の塾講師の相場は1時間2000円ぐらいです。
1対1スタイルは1500円前後ですから、集団指導の方が平均年収も高くなると言ってよいでしょう。

でも集団指導の塾の場合は、人前で堂々と話せるスキルや、授業内容をしっかり整理する必要もあります。
すなわち事前の予習は完璧にしておかなければならないことも考慮しなければいけません。
もしかすると生徒に恥をかかされたり、難しい質問に絶句してしまったり、というようなストレスのたまることもあるかもしれません。

それに対して、1対1ならば、相手は一人なので、生徒との信頼関係がはるかに築きやすいです。
だから少々予習が甘くなったり、難しい問題に当たってしまっても、うまく融通がつけやすいと言えるでしょう。
人前が苦手な人ならば、転職する際1対1にした方が、ストレスが少ない分、結局お得なのかもしれません。