中学受験塾講師の年収は働き方によって違いがあるかと転職する際に気にかける人がいます。
常勤で働いている方が稼げると考えてしまいがちですが、アルバイトでも常勤と同じ時間だけ働いていれば年収はほとんど変わらないのが一般的です。
時給に換算するとほとんど同じになってしまう塾が大半を占めているからであり、アルバイトの場合には稼ぎやすいと解釈することができます。

年収の実情としては中学受験の塾では常勤の方が高くなっているのが一般的です。
これはアルバイトに比べると優先して講義を持ったり、それ以外の仕事に従事したりすることができるからであり、現実的な実働時間の差によってアルバイトよりも常勤の方が有利になっています。

アルバイトの中学受験の塾講師に比べると常勤の場合には手当が多くて年収が増える面もあります。
住宅手当や勤勉手当などの各種手当が入るので年収で計算すると常勤の方が高くなりやすいのです。
また、常勤の場合には社会保険も完備されているので健康保険や年金についてもメリットがあります。
時給換算で考えてしまうと中学受験の塾ならアルバイトを続けても問題ないのではないかと考えてしまう人もいますが、福利厚生の面から考えると転職する際には常勤で働いた方がメリットが多いのです。