中学受験の塾は、中学受験対策の学習指導、普段の学校授業における予習や復習などの補修的な学習指導を行なう仕事で、生徒のニーズにあった学習指導を求められます。
そのほかにも、授業後の生徒からの質問や保護者からの相談などの対応、テストなどの採点や教材の用意なども仕事となります。

塾は、塾や教室などに所属する正社員のほかにも、アルバイトの雇用形態でも仕事ができます。
ほとんどの場合は学校授業終了後となり、午後からの出勤となるので午前中は自分の時間を作り易いのも特徴です。そのため、転職する人やサラリーマンの副業者も多くいます。

中学受験の塾の初月給の平均が、約20万円から25万円となっており、初年度の平均年収はボーナスを含めて350万円ほどです。
転職の場合、前職にもよりますが、年収は425万円から450万円ほどが平均となっています。
昇給は比較的にゆるやかな傾向にありますが、主任職や塾長などの役職者となれば、役職手当が加算されるので、平均年収よりも多い収入を得られる手段でもあります。
また、月給制の給与体系のほかにも、塾や教室によっては、年俸制や授業のコマ数に応じた時給制を採用しているところもあります。